ホワイト企業を探して就職活動

隠れホワイト企業の見つけ方


隠れホワイト企業 探し方

フリーター、高卒からの隠れホワイト企業への就職

ブラック企業へは就職したくない!

過酷、ブラックな働き方がニュースで報道される事が多かった事もあり、就職先には、ホワイト企業(優良企業)を選びたい、というフリーターの方も多いのではないでしょうか。

でも、高卒や中退、フリーターからでもホワイト企業に就職出来るの?

フリーターに内定が出やすいのはブラック企業や仕事が大変な会社くらいでは・・・とつい思ってしまう方もいるのではと思います。

高卒や大学中退フリーターの方であってもホワイト企業へ就職する事は出来ますし、そのために有効な就活の方法もあります。

ちなみに、大切なのは「自分に合った」ホワイト企業を探す事です。

他の人からみれば十分、ホワイト企業なのに自分には職場の雰囲気や仕事内容が合っていなかった、といった場合には結果として退職に繋がってしまう事もありますからね。

そのためには、どういった条件を元に就職先を探すかをあらかじめ、考えておかれると良いでしょう。

仕事の他にも追求したい趣味などがある場合、あまり残業が多い企業は避けたい、といった場合もあると思います。

土日はできる限り休みたい、年間休日数が多い会社。
やりたい仕事、経験が積める会社であれば多少は年収が低くても良い、など色々な考え方もありますね。

忙しくても残業代がしっかり支払われるなら良い、と考える人もいるでしょう。

人それぞれ、自分にとって働きやすい会社を見つける事が、仕事を続けていくという点からも重要ですね。

隠れホワイト企業の探し方」ですが、求人情報の中で幾つかのポイントをチェックする事で見極めていく事になります。

また、記事の後半ではフリーターからホワイト企業へ就職する可能性を高めるために便利な就職支援サイトについてもご紹介をしています。

隠れホワイト企業の見つけ方

求人情報に掲載されいる情報もあれば、掲載が無い情報もありますが出来る限り情報収集をする事が必要ですね。

また、情報収集が難しい事柄に関しては、面接の中で質問して確認する事も重要です。
内定を頂いた後に、入社するかどうかの返事をしますから、その間に最終的に検討する事になります。

優良企業の定義は人それぞれです。

全てを満たす企業はありませんので、自分にとって何を最も重視したいかと言った事を考えながら、求人情報を探す事が大切といえます。

離職率が低い

当然かもしれませんが、ホワイト企業は働きやすいので離職率が低い事が多いです。
勤続年数の長い、とも言い換えられます。

離職率や勤続年数について記載があれば、注目してみてください。

残業時間が少ない

働き方に関して、多くの企業が取り組んでいるのが残業時間の削減です。
また、残業代もしっかりと支払われる事も優良企業の基準の一つとなります。

サービス残業、毎日終電、土日も仕事・・・では体力的にも精神的にも持たないですよね。

平均的な残業時間、繁忙期があればその時期の残業時間、残業代の支払いなどについても確認をしておきたいですね。

福利厚生、教育制度の充実

ホワイト企業は社員を大切にしますので、福利厚生や教育制度の充実にもお金をかけている事が多いです。

福利厚生や教育制度の充実は社員満足度をを高める事にもつながりますし、教育制度を利用して社員がスキルアップなどしていく事が、結果として会社としての利益にもつながっていくと言う事になります。

有給休暇取得率が高い

有給休暇取得率が高い事もホワイト企業の特徴といって良いでしょう。

ブラック企業は基本的に有給休暇の取得を考えるのも難しいほど、労働環境が過酷な場合が多いといえます。

ブラック企業の経営者にとっては、有給休暇は社員が休むのに給料を支払わなければならない日、という認識ではないでしょうか。

各種手当てが充実している

資格手当、家族手当、住宅補助など、各種手当が充実している企業も、社員を大切にしていると言えます。

経営の安定性

やはりホワイト企業、優良企業の条件として経営の安定性は欠かせません。

経営が安定しているからこそ、福利厚生や教育制度、各種手当てを維持出来ますし、残業代の支払いにも耐えられます。

利益が安定して出ているからこそ、社員に優しい体制を維持出来るとも言えます。

中小企業にも多い隠れホワイト企業、優良企業

フリーターから正社員就職を目指す場合、メインで狙うのは中小企業からの未経験OKの正社員求人となります。

中小企業でも探してみると上記、ホワイト企業のいくつかの条件を満たす隠れホワイト企業を見つけられる事があります。

特にB to B企業は一般的には知名度が無いために、人材採用に困っている事があります。

そうした企業が人材採用の一つの方法として、若年層の就職支援を行っている人材紹介会社を利用している採用活動を行うケースがあります。

フリーターから正社員になる、オススメ就職支援サイト

でご紹介をしていますが、こうした就職支援を利用した場合にも一部、上場企業からの求人紹介が得られる事もあります。

どういった求人の紹介があるか、複数の就職支援サイトを利用される方もいますね。

取り扱っている求人が未経験OK、フリーターや大学中退、高卒といった方を前提に、人物重視で中途採用を考えている企業ばかりという事もポイントですね。

フリーターから正社員就職を目指す際には、一人での就職活動よりもアドバイスを受けながらのこうした就職支援サイトの活用をオススメしたいと思います。




キーワード