正社員就職の方法

ホワイト企業の見分け方


フリーターからホワイト企業へ就職したい!

フリーターはブラック企業しか就職できない、転職出来ない、という訳ではありません。

確かにブラック企業は内定が出やすいので就職はしやすい事はしやすいのですが、その後の早期退職などの恐れはありますよね。

正社員就職して働くのですから、できる限りホワイト企業への就職を目指したい!

という人は多いのではないでしょうか。

そうはいっても、ホワイト企業って何?どんな会社の事?

求人サイトを見ていても、どの会社がホワイト企業なのかよく分からないんだけど・・・

フリーターから正社員就職を目指して就職活動をする際、得られる企業情報のどういった点に注目をすると見分けやすいのでしょうか。

隠れホワイト企業、といわれるような企業も意外とあります。

大手企業でホワイト企業となると、中途採用もキャリア採用しかなく未経験者は応募出来ない事もありますが、中小企業でホワイティところは探せば意外と見つかる事があります。

隠れホワイト企業をぜひ見つけて、積極的に応募をされてみてはいかがでしょうか。

就職先として狙いたい!ホワイト企業の特徴とは

ブラック企業に対しての位置づけとしてよく言われるホワイト企業。

主に大手企業で福利厚生が手厚く、給料・年収が高い企業の事を言いますが、働きやすい労働環境である事も重要なポイントですね。

年収・ボーナス支給額が高い

一般的に、ホワイト企業は社員へ手厚いです。
利益も出来るだけ還元しよう、という意識が経営層にあるようで年収・ボーナス支給が多いです。

「算賞与あり」とあれば、ホワイト企業の可能性は高いと言えます。

各種手当てが手厚い

上記に近いものがありますが、手当の種類が多く手厚い事も特徴です。

通勤手当、資格手当、住宅手当、今は少なくなってきていますが家族手当など、どんな種類の手当が支給されるか確認してみましょう。

手当の種類、多さは福利厚生に手厚い事の表れでもあります。

また、該当する手当が多い事は、間接的に年収アップ、手取りが増えるという事にもつながります。

福利厚生に手厚い

福利厚生は会社にとっては金銭面で考えると負担でしかありません。
しかし、それでも福利厚生を手厚くするのは、社員を大切に考えている証拠と言えます。

旅行の際に提携施設が使えたり、テーマパークの優待などがある、など企業によって福利厚生の内容も様々です。

大手一流企業の福利厚生ともなれば、USJやディズニー施設などテーマパークの社員優待などもあるようです。

中小企業でも福利厚生を手厚くしているホワイト企業は多いです。

求人をチェックする際には、福利厚生の内容もぜひチェックしてみてください。

スキルアップをしていきたい人にとっては、教育関連の補助・手当があると良いですね。

残業が少ない、特別休暇が多い

繁忙期や納期前に忙しいのは仕方ありませんが、普段は残業が少なく定時で帰宅しやすいように環境作りに力を入れているのもホワイト企業の特徴です。

また、リフレッシュ休暇やバースデー休暇といったように特別休暇が定められている事もあります。

お子さんがいる方やご両親が高齢の方の場合、介護休暇などもチェックしておかれるといざと言うときに安心かも知れません。

女性社員が働きやすい

女性が働きやすい環境が整っており、人数比率が多く実際に離職率が低い企業も、ホワイト企業の可能性が高いです。

産休・育休の有無、取得実績なども事前に情報収集出来ると参考になります。

特に女性フリーターや既卒、第二新卒の方の場合には、女性が長く働きやすい環境、制度が整っているかどうかは気になる所ではないでしょうか。

女性役職者の数についても、注目してみてください。

BtoB企業

隠れホワイト企業に多いのは、BtoB企業です。

一般消費者向けの製品を販売していないため、CMなども売っておらず世間一般には知名度が非常に低い場合が多いです。

でも、業界ではシェアトップ、といった場合もあります。

世間一般に知られていないため、新卒採用で非常に苦労している企業も多いです。
そうした事から中途採用も積極的に行い、未経験であってもOK、第二新卒歓迎といったように採用している企業も多いです。

自分が知っている業界・職種以外、BtoB企業にも情報収集を広げてみると、隠れホワイト企業を見つけられる事も多いです。

自分にあったホワイト企業を探すことが重要!

ここまで、色々なホワイト企業の特徴・条件をみてきましたが、重要なのは自分にあった企業を見つける事です。

業界にもよりますが、普段から忙しく残業が多いけれども福利厚生が手厚く、定着率が高い企業もあります。
もちろん高年収です。

しかし、残業が多く、忙しい。

プライベートも大切にしたい、残業は少なめで働きたい人にとっては、あまりホワイト企業とはいえないかもしれせませんが、スキルアップしたいので忙しく働きたい人にとっては超ホワイト企業かもしれません。

大切なのは、自分に合った企業、就職先を探すという事になります。

職歴も無い状態からの就職だから、経験が積めることを重視して就職先を探したい。
独身だし福利厚生は手厚くなくて良いから、基本給が高く、賞与が高い会社を優先して探したい。

求職者の方によって、色々な条件があると思います。
とにかく仕事内容で決めたい、という方もいるかもしれませんね。

希望条件をあらかじめ考えておく事で、就職活動が進みやすくなります。

フリーターから就職を目指す場合には、あまり求人を限定すると応募できなくなる事も考えら得ますから、まずは広く業界・職種を限定せずに求人探し、企業研究をされることもオススメです。

隠れホワイト企業を見つけるには

とはいえ、自力での就職活動が難しい場合も多いと思います。

調べてもどれがホワイト企業かよく分からない。
情報収集にばかり時間が掛かってしまって疲れた・・・

そうした場合、求人探しをする方法として、フリーター向け就職エージェントの活用もあります。

就職エージェントを利用する場合、コンサルタントがフリーター、未経験者である事を前提として、企業にあなたを売り込んでくれます。

未経験であっても長期的に働きやすい企業を中心に求人紹介を行っていますから、ホワイト企業に出会える確率も高いといえそうです。

詳しい企業情報も教えてもらう事が出来ますから、自分で情報収集をするよりも詳しく企業について理解できますし、判断もしやすいのではないでしょうか。

面接対策などもしっかりサポートしてくれますから、内定獲得の成功率も高くなります。

⇒ フリーターから正社員になる、オススメ就職支援サイト

でオススメのエージェントをご紹介しています。

働きやすい企業への就職を希望される方は、フリーター向け就職エージェントの活用をしてみてはいかがでしょうか。




キーワード