就活の悩み

大学中退は就職出来ない?


大学中退 就職できない

大学中退は就職出来ない?

大学中退したら正社員として就職出来ない、といった事は全くありません。
就職する事は可能です。

しかし、選択する就職活動の方法によっては遠回りになる事もありますし、短期間での就職成功に繋がる近道となる事もあります。

人生詰んだとか考えるのもまだまだ早いですよね。

大学中退、年齢を考えても20歳前後の方が多いでしょう。
20歳頃は職歴なし・未経験であっても、正社員就職はしやすい年齢といえます。

問題はどんな業界のどんな職種として就職するか、ではないでしょうか。

職種はその後のキャリア、再就職や転職の際にもとても重要になりますから、出来るだけ5年後、10年後の事を考えて就職活動をしたいですね。

大学中退者は中途採用での就職活動になります

大学中退すると、当然のことながら新卒として就職活動をする機会が無くなります。

正社員就職を目指すにあたっては、最大のチャンスなのは昔も今も変わりませんね。

大学中退後は「高卒」「中途採用扱い」となります。

正直なところ、就職活動をしていて不利になる場面も多いと思います。

大学中退からであっても正社員就職に成功している方は多く、就職出来ないわけではありませんから、その点は安心していただきたいです。

しかし、就職活動の方法によっては内定がなかなか貰えず、就職活動の期間が長期に渡ってしまう方も少なくありません。

大学中退後、無職の期間が長くなることは実家暮らしの方にとってもそうですが、ひとり暮らしの方にとっても避けたいですよね。

生活のためにはお金が必要です。
フリーターとしてアルバイトをしながら就職活動をされている方も多いと思いますが、フリーター期間が長くなればなるほど、正社員就職が難しくなると言う問題もあります。

正社員就職を目指す以上は、出来るだけ短期間で就職先を見つけたい

という方が多いのではないでしょうか。

そうした就職活動を希望される方向けの就職支援サービスも今は増えています。

大学中退者、フリーターや既卒の方を専門としてサポートしている就職支援サービスについてもご紹介いたします。

大学中退後、就職できない人の共通点

大学を中退された人に限らず、就職出来ない人には共通点があると言われます。

実際、正社員として働き出してから面接をさせて頂く機会もありますが、共通点には納得するものがあります。

受け答えが暗い

面接の際、気になるのが求職者の表情です。

緊張しているのはよく分かりますので、言葉に詰まるなどは特に気にしない面接官が多いと思います。

しかし、求職者の表情は気にする面接官は多いといえます。

面接中、ずっと暗い。
表情が変わらない。
目が一度も合わない。

こうした方は、なかなか面接で良い評価を得るのは難しいようです。

内容が一貫していない

面接官は履歴書、職務経歴書を頭に入れつつ、面接を行っています。

時々ですが、他の志望企業と勘違いをしているのでは?と思うような一貫性のない話が出てくることがあります。

口にこそ出しませんが、かなりのマイナス評価となる事もありますので注意が必要です。

身だしなみが汚い

面接では第一印象がとても大切、という面接官は多いです。
特に経営者はそういう人が多いですね。

スーツが汚れている、靴が汚い、ネクタイのほつれ、といった事はしっかりチェックしてから面接に臨みたいですね。

あなたが思っている以上に、身だしなみは見られています。

企業研究が甘い、情報収集が不足している

面接では思いもよらない質問がされる事もあるとは思います。

しかし応募先の企業の基本的な情報は、頭にしっかりと入れておきたいですね。

企業研究をしっかりと行い、本気で就職したい会社に対しては様々な質問も出てくるはずです。

積極的に質問もする事によって、本気の姿勢をアピールすることにも繋がります。

志望動機が弱い

志望動機を作る事が苦手で・・・という方は多いです。
しかし苦手とは言え、就職活動では最も重要な部分と言ってもいいでしょう。

気をつけたいのは「使い回しが出来そうな志望動機」になっていないかどうかです。

企業研究をしっかりと行う事によって、志望動機の作るヒントもたくさん得られるはずです。

情報収集が不足すると、就活で様々な箇所で弱みとなって出てしまいます。

時間をしっかり確保して、企業研究をする事が重要といえますね。

大学中退だから就職出来ない、というわけではありません

なかなか就職先が決まらないと、

「大学中退者だから就職出来ないのでは・・・」

と思ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、大学中退だからというわけではなく、

大学中退後、就職できない人の共通点

にもあるように、こうした特徴を持つ人は新卒学生でも就職先が決まらないかもしれません。
大卒フリーターの方でも就職先はなかなか決まらないでしょう。

それくらい、就職活動では重要なポイントといえます。

就職が上手くいかず、なかなか希望の仕事で内定がもらえない時には、まずは自分の就職活動の薦め方、準備の仕方を見直してみる事も行ってみてください。

とはいえ、自分ではなかなか気づけない事もあると思います。

そうした部分に関しては、フリーターに特化した就職支援サイトなどを活用して、アドバイスをもらう事をオススメします。

就職できない、不採用が続く場合 就活の仕方を変えてみる事も重要

不採用通知
大学中退後の就職活動、なかなか内定がもらえず就職出来ない、不採用が続いてしまう・・・といった場合には、同じ就活の仕方で続けるのでは無く変えてみる事も大切なポイントです。

大学中退、フリーターから正社員の仕事に就くために求人を探す方法として、

・ハローワーク

・求人サイト

・人材紹介会社(若年層向け、就職支援サービス)

・紹介予定派遣

・正社員登用制度(バイト、契約社員)

などが主な方法として挙げられますね。

今まで取り組んできた就職活動の仕方で結果(内定)が出ない時は、修正箇所が分からない事も多いのではと思います。

特に一人で就職活動をしてきた場合には、サポートを利用してアドバイスを受けることで書類選考が通るようになったり、面接でも受け答えが改善する可能性が高いです。

既に就職支援サービスを利用していた場合には、利用を変えてみる方法も有効です。
就職支援サービスが所有する求人も、各サービスで違いますしサポートの仕方も違いますからね。

もちろん、サポートを担当してくれるアドバイザーの能力、経験年数といった問題もあるでしょう。
在籍している全てのアドバイザーが経験豊富な訳ではありません。

実は数ヶ月前には、あなたと同じようにフリーターだったアドバイザーもいるかもしれませんからね。

利用している就職支援サービスがイマイチかな・・・自分には合わない就活の進め方かな・・・と思ったら、ある程度の期間利用してみてどこかのタイミングで切り替えるなど検討してみても良いと思います。

大学中退から正社員就職するには

大学中退から正社員になるためには、サポートを受けながらの就職活動が良いと思います。

一人での就職活動で内定獲得をされる方ももちろん多いのですが、多くの方は就職活動で壁にぶつかることもあるでしょう。

そうしたとき、不安や悩み、不採用の連続を乗り越えるには就職支援のプロのサポートが役立ちます

⇒ フリーターから正社員になる、オススメ就職支援サイト

苦手な方が多い、履歴書や職務経歴書、志望動機の作成アドバイスも受けられますし、求人紹介から面接対策まで。

就職活動に関するサポートを総合的に受ける事が出来るのは、こうした就職支援サイトを利用する大きなメリットです。

仕事探しに無料で利用出来ます。

大学中退者の就職活動には、こうしたサポートありの就職支援が就職成功率も高くオススメです。




キーワード