大学中退してからの就職活動
脱フリーター!正社員就職おすすめサイト > 大学中退 > 大学中退してからの就職活動はどうしたら良い?

大学中退してからの就職活動はどうしたら良い?


大学中退 就職活動

大学中退してからの就職活動

大学中退後の就職活動、苦戦している方も多いのではないでしょうか。

「これから大学中退しようか迷っているんだけれど・・・就職先ってすぐに見つかるのかな?」

と色々と迷われていたり、大学中退後の進路について情報収集されている方も多いのではと思います。

大学を中退する事で、新卒の場合に利用出来る就職課の情報や、上場企業、大企業へも応募しやすい状況とは全く異なり、情報収集の方法も限定されますし最終学歴も「高卒」となります。

「専門卒」で大学に入り直した方もいるかもしれませんね。

就職活動をするにあたってはそれぞれの方の「最終学歴」に合わせて求人を探すことになります。

そのため正社員就職が難しい、と感じる方も多いようです。

実際に大学中退後、就職活動をしてみてはじめて「高卒」の最終学歴をハンデと思った方も多いのではないでしょうか。

応募可能な正社員求人がある程度、限定されてもしまいます。

そうした状況の中でも、出来る限り希望の仕事、高給与など待遇の良い会社、ホワイト企業などへの就職を目指したいですよね。

そのために重要なのは、未経験からの就職に役立つ求人情報源です。

大学中退後の就職活動は、情報収集がカギとなります。

求人情報を得る方法としては、

・ハローワーク
・求人サイト
・求人誌
・就職支援サービス

様々なものがあります。

大学中退者の就職支援

大学中退後の就職活動ですが、オススメの方法としては、

・求人サイトの活用
・就職支援サービスの活用

2つがあります。

求人サイトは、自分で高卒可、未経験OK、職歴なしOKの正社員求人を探して、直接応募する方法です。

就職支援サービスは、専任の就職アドバイザーなどが担当として付いてくれて、就職相談、求人紹介など就職に関する事を手厚くサポートしてくれます。

どちらもメリット・デメリットがありますので、自分に合っている就活の仕方で選ばれる事をオススメします。

どちらも併用される大学中退者やフリーターの方も多いですね。

大学中退からの正社員就職に役立つ就職支援サービスなどについては、

⇒ 大学中退からホワイト企業に就職するには

⇒ 大学中退 求人サイト

の記事中にてご紹介をしています。

こちらもご覧になってみてください。

大学中退後、公務員を目指すという道もあり

また、大学中退後は企業への就職を目指すのではなく、公務員への就職を目指す道もあります。

大学中退と言う事で20歳前後の方が多いと思いますが、地方公務員であれば30歳未満が応募対象となる事は多いですからね。

公務員試験は21~30歳の年齢制限を設けている自治体が多いですから、もし公務員就職に興味があるようでしたらお住まいの自治体の採用に関して調べてみてはいかがでしょうか。

今は売り手市場ということで公務員人気は落ちている状況です。

例年よりも倍率が低い自治体も多く、公務員を目指すには良い時期かもも知れません。

職員採用・確保に力を入れている自治体も多いです。

大学中退者は就職できない!と悩む前に・・・

大学中退後の就職活動に苦労される方は多いです。

やはり応募出来る求人も限定されますし、企業や職種を選んでしまうとなかなか応募に至らなくて・・・といった事も多いようです。

新卒と比べて、大学中退者はハンデになる部分はどうしてもありますからね。

とはいえ、大学中退者を積極的に中途採用している企業もあります。

そうした大学中退者を積極的に中途採用している企業からの求人が集まっているのが、

⇒ 大学中退 求人サイト

でもご紹介しているような就職支援サービスとなります。

大学中退者が正社員就職するために必要な情報、サポートを受ける事が出来るのは大きいと思います。

面接で必ずされる質問として

「なぜ大学中退したのですか?」

「なぜ、就職しようと思ったのですか?」

「なぜ、うちの会社で働きたいのですか?」

といったような質問への準備、対策についてもアドバイスをもらう事が出来ます。

面接対策は、プロのアドバイスをもらった方が良いです。

これまで多くの就職支援を行ってきたアドバイザーは、内定獲得した人の面接対策、面接で落ちてしまう人の面接対策など、情報量が豊富です。

その中から、一人ひとりに合った、応募先企業に合わせた面接対策としてアドバイスをしてくれるでしょう。

自分では面接に関しては準備しきれないと思いますので、ぜひ活用をオススメします。

未経験OKの正社員求人ばかり、求人紹介を受けられる事も、こうした就職支援サービスを利用する大きなメリットですね。




キーワード