就活セミナーへ参加する

大学を中退して就職するには


大学を中退しても、正社員就職は出来ます

大学を中退してからの進路として、就職する事を考えている方も多いと思います。

自分ではどうしようも無い事情から大学を辞める事になる事もありますよね。
また、元々滑り止め、あまり興味の無い大学での勉強に対して学費がもったいないから、と大学中退をお考えの方もいると思います。

アルバイトの方が稼げるし楽しくなってしまって・・・と単位が足りず、退学する事を決めた、というケースもあるでしょう。

既に大学中退して、就職活動を始めている方もいらっしゃるかもしれませんね。

また、これから大学を辞めようと迷われていて、中退してからちゃんと正社員就職出来るのかな・・・と心配になっている方も多いかもしれませんね。

大学中退をしても、就職活動にしっかりと取り組む事によって就職先を見つける事は出来ます。
その点は実際に就職成功されている人が多い事からも、心出来るかと思います。

ただし、正社員就職に成功するにはポイントがあります。

大学中退者の就職活動で抑えておきたいポイントを大きく外さなければ、多少、大学中退という不利な面はありますが正社員として仕事に就く事は可能です。

実際、多くの大学中退者が正社員として就職をされていますね。

フリーターやニート歴のある方であっても、正社員として就職されている方も多いです。

大学中退した人は社会人未経験からどういった職種で仕事に就いている事が多いのでしょうか。

大学中退で目指せる就職先について

大学中退者が就職活動で目指しやすい職種について、みていきたいと思います。

実際、細かく追っていくと様々な業界・職種で仕事に就いている方がいると思いますが、未経験OKの求人が多く、高卒OKの求人が多い職種を中心にご紹介したいと思います。
(大学中退者は最終学歴は高卒となりますね)

求人数が多い「営業職」

大学中退から正社員就職を目指す際、求人数が多く中途採用を目指しやすいのはやはり「営業職」です。

営業職はほとんど全ての業界で必要な職種と言えますね。
営業を経験しておけば、その後の仕事で役立つ事は多い、と多くの方が言いますね。

営業の仕事に対してのイメージですが、どうしても「大変そう」「新規開拓」「ノルマがキツイ」「売れない」といったものを連想される方も多いと思いますが、業界や会社によって色々な働き方があります。

そもそもノルマが無い営業の仕事もあります。
自分に合った働き方・仕事内容で一度探してみる事もオススメです。

他の職種と比べて、高収入の求人が多いことも特徴です。

ITエンジニア職

ITエンジニアも未経験OKの求人が多い職種です。

若ければ若いほど、中途採用されやすい傾向もありますから、大学中退後の就職先として検討されるにはオススメです。

現在、IT人材の需要が高い状況が続いており20代前半であれば、未経験からでも就職はしやすいと言えます。

急激に変化のある業界ではありますが、スキルを身に付けておけば何歳になっても通用するエンジニアとして、将来性のある仕事でもあります。

実際、引く手あまたのプログラマー、エンジニアは多いようです。
私の知り合いでも50歳で仕事が途切れない、手が空いたら連絡が欲しいというエンジニアの方がいます。

参加するプロジェクトや勤務先によって働き方が大きく変わる職種でもあります。
体力的に大変なプロジェクトに参加してしまうと、キツさは確かにあります。

手に職をつける事を考えた場合も、ITエンジニア職はおすすめと言えます。

一般事務・営業事務職

未経験OKの正社員求人が多く、特に女性から人気の高い職種というと「一般事務・営業事務」もありますね。

特に難しい知識やスキルが求められない、といったイメージがあり誰でもチャレンジしやすい職種、といった事も人気の理由と言えそうです。

一般事務・営業事務求人は未経験OKが多く、倍率が高くなりやすい事には注意は必要かと思います。

接客・販売職

主にアパレル、家電量販店、飲食店、雑貨店などで募集が多い接客・販売の仕事も未経験OK求人が多く見つかります。

人と接するのが好きな事が重要な職種ですね。

人と接することが好きで明るい事、そしてコミュニケーション能力の高さなどをアピールすることが出来れば、中途採用されやすい傾向は確かにあります。

福祉・介護職

人手不足の業界ほど、未経験OKの求人が増える傾向にありますね。
福祉・介護施設の増加に対して、人手が足りていないということから多くの求人を見つける事が出来ます。

資格無しでもOKの求人もありますし、働きながら資格取得を目指し福祉業界でキャリアアップを目指す方も少なくありません。

ただ、他業界と比較をすると年収が低めな業界なため、今後の待遇改善が期待されます。

大学中退者の就職活動は確かに不利な面はあります

大学中退者の就職活動は、新卒での就活と比べてしまうと、応募できる求人も限定されますし、

なぜ、大学を辞めたのですか?

と必ず質問されるため、面接官を納得させられる中退理由を用意する事も必要です。

就きたい職種の募集も少ないですから、大学中退者の場合には思うように就活が進まない不利さは確かにあります。

その不利さを跳ね返すためにも、情報収集が重要となります。

全体的に、技術系の仕事の場合には経歴不問の求人が多く見られます。
そのため、未経験から就職を目指しやすいとはいえるでしょう。

応募可能な求人情報をいかに集めるか。

見つかった求人の中から、興味のある仕事、待遇の良い会社、ホワイト企業などをいかに見つけるか、といった情報収集がとても重要です。

そのための方法として、就職支援サイトの活用をオススメしています。

自力での就職活動、就職支援サイトを利用しての就職活動、どちらが良い?

大学中退しての就職活動、ということで20代前半の方が多いのかなと思います。

これから先、長く仕事をすることになりますから、将来のキャリアプランなども考えつつ会社選びをしたい、という方も多いかもしれません。

まずは1社目が重要ですね。
最初に希望通りの就職先が見つからなくても、2社目で目指す事も長い目で見ると大切な考え方と言えますね。

何よりも重視したいのは、早期退職してしまわない会社選びをすること。
ブラック企業は絶対に避けたいですね。

大学中退者の就職活動として、ハローワークや求人サイトを利用しての自力での就職活動、そして大学中退者を含めフリーターなど20代の就職をサポートしてくれる、就職支援サイトを活用しての就職活動の方法があります。

就職支援サイトが取り扱う求人は正社員求人ばかり、未経験OKですから、応募先を探すために時間ばかりが掛かって・・・といった状況は避けることが出来ます。

苦手な方も多いと思いますが、応募書類の作成や面接対策についてもアドバイスをもらいながら、準備を進めていくことも大きなメリットといえますね。

大学中退者もOK、20代向けオススメ就職支援サイト

などを活用される事をオススメします。




キーワード