就活が上手くいかない・・・
脱フリーター!正社員就職おすすめサイト > フリーター就職 > フリーターはブラック企業にしか就職できない?

フリーターはブラック企業にしか就職できない?


就職先にブラック企業を選ばないために

フリーターから正社員就職を目指す際、ブラック企業には就職したくないですよね。

社会人未経験、職歴無しフリーターに内定をくれるのはブラック企業しかないのでは?と思ってしまう事もあるかもしれません。

それに、意外とある厳しい就労体験。
周りのお友達や先輩でいませんか?

ブラック企業に就職してしまって、体を壊したり早期退職してしまったりといった話

初めての就職、となるフリーターの方も多いと思います。
であればこそ、なおさら就職先には「長く安心して働ける会社」を選びたいですよね。

中小企業でも社員を大切にしている企業は多いです。
社長との距離が近い規模の会社が多いからこそ、社員を大切にしている企業はたくさんあります。

(もちろん逆もそうで、社長の影響力が強いためにブラック企業と化している企業もあるのですが・・・)

フリーターの就職先はブラック企業だけではありません。

しっかりと情報収集を行い、就職活動をしていく事でホワイト企業や社員を大切にする会社へ就職する事は可能です。

フリーターから正社員就職を目指す際、ブラック企業を見分けるポイントと、そしてホワイト企業へ就職するための情報収集の仕方についてまとめています。

ブラック企業を見分けるポイント

就活の重要ポイント
ブラック企業の求人、企業研究を進めていくと幾つか共通点が見られます。

共通点にあてはまる全ての企業がブラック企業ではありませんが、見極めるポイントとして注目される事をオススメします。

給与に大きな幅、高すぎる年収

求人をチェックしていると、業界内での平均給与・平均年収がだんだんと分かってきます。

ブラック企業は往々にして同業他社と比べて非常に高い給与を掲載している事が多いです。

「実績に応じて給与に反映します!」

というのはごく当たり前に感じますが、入社2年目で年収800万円とかはやはり注意が必要です。

知り合い、友達、家族に頼み込んで新規開拓をするような仕事は、心を追い込んでしまいます。

大事な人達を失ってしまう可能性もあります。

基本的には高年収の仕事は、新規開拓の営業などが多いです。
ノルマ設定がキツイ可能性もあります。

長く求人募集を掲載している

ブラック企業は離職率が高いです。
そのため一年中、人材採用を行っている企業もあります。

これも求人サイトをある程度の期間、チェックしていると分かってきます。

ハローワークを利用して求人を探す時も要チェックです。
掲載にあたり審査が特にありませんから、長期に渡り掲載している企業は多いです。

本当に応募が無いために継続して求人掲載しているのか、離職率が高いためか、出来る範囲で情報収集をする事をおすすめします。

有給休暇取得率が低い

ブラック企業は社員を限界まで働かせて利益を生ませようとします。

それを考えると、有給休暇取はお金だけ払って社員が休むという嬉しくない日でしかありません。
(有給休暇取得は労働者の権利ですから、取得出来て当たり前なのですが・・・)
有給休暇取得率についてもチェックは必要です。

残業が当たり前、休日出勤も

ブラック企業の定義として、長時間の残業、休日出勤も挙げられます。

超過勤務が多すぎると、精神的に病む原因となることが多いです。

出来れば、今働いている方の労働状況など情報収集が出来ると良いですね。

離職率が高い

当然ですが、ブラック企業は離職率が高い事が多いです。

(稀に、社員の独立やステップアップを推奨する社長もいて、何年以内に転職か独立しろ、というところもあったりするようです。そのため一見、離職率が高く見える事もあります)

離職の理由が分かると良いのですが、そこまでは個人の情報収集では難しいですね。

面接などで上手く質問をして確認したいポイントです。

企業紹介、社長の言葉に精神論が多い

ブラック企業はマインドコントロールが効いている事も多いです。

外から見れば怪しさが一目瞭然なのですが、中で働いているとコントロールされてしまうようです。

それだけ社長や経営陣の影響力が強いのでしょう。

夢が実現出来る!良い生活が出来る、希望に満ちた言葉が多い企業紹介が多いところは要注意と言えます。

面接が1回で終わる

普通、面接は2回、多ければ3回です。
(企業規模にもよります。中小、零細企業で社長が面接を1回だけする場合もあります)

ブラック企業は早く就職してもらって現場でフルに働いて欲しいと考える事が多く、面接も1回。

すぐに働けるかどうかを重視する事も多いようです。

面接内容も短時間で終わる事が多く、人を採用することに真剣な企業と比べると内容も簡単といって良いでしょう。

ブラック企業を見抜くには、面接が重要

ブラック企業かどうかを見抜くには、面接でのこちら側の準備がとても重要です。

質問をしても、曖昧な答えばかりが返ってくる、すぐに夢や希望の話に置き換える・・・など怪しさを感じたら。

入社をその場で約束せず、持ち帰って検討するようにしましょう。

もちろん、内定が出来ても辞退した方が良いかと思います。

面接は求職者が企業に対して評価をする場でもありますからね。

しっかりと質問の準備をして臨みたいですね。

社員を大切にする会社、ホワイト企業へ就職するには

ここまで、ブラック企業を見分けるポイントをいくつか挙げてみてきましたが、正直なところ、個人で情報収集するのが難しい部分もあります。

そのため、フリーターから正社員就職をするにあたり、ホワイト企業からの求人を見つける方法としては、

フリーター向け就職支援サイト

を活用する方法がオススメです。

フリーター向け就職支援サイトでは、基本として企業に直接足を運び情報収集。
様々な情報をチェックしてブラック企業は紹介しないようにしています。

ブラック企業を求職者に紹介してしまうと、サービス自体の評価が一気に下がってしまいますから非常に気を遣っています。

優良企業の求人をアピール、多いのはそのためですね。

フリーター向け就職支援サイトを利用することで、求人に掲載されている以上の情報を得ることが出来ますから、応募も検討しやすいと言うこともメリットです。

入社してから実際にどんな仕事をするのか、上司に人柄なども事前に分かるのはこうした就職支援ならではのメリットではないでしょうか。

当サイトでは、フリーター向け就職支援サイトとして、

DYM就職

ハタラクティブ

就職Shop

ジェイック(JAIC)

などをご紹介しています。

フリーターの就職支援実績も多数のところばかりです。

大卒フリーターの方ばかりでなく、高卒フリーター、大学中退の方もぜひ活用して自分に合った会社、ホワイト企業なども探してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
大学中退からホワイト企業に就職するには




キーワード